img_02

闇パチスロのルールとは

現在通常ルールとしてパチンコ店で採用されている契約形態としてはギャンブル性がある程度抑えられた状態の機種が多く、客の射幸心を必要以上に煽る機器の製造・導入は禁止されております。


上記の取り決めと判断基準の権限を保有するのが保安通信協会であり、各参入メーカーはこの協会側の取り決めに則った筐体の開発・製造をクリアした後に全国のパチンコ店へ設置依頼しているのです。

闇パチスロの人気度が上昇しています。

ちなみに闇パチスロの具体的な内容としては何点かありますが、総じて出玉と時間短縮効率が異常な数値を算出しているケースが見受けられるのが共通見解となります。

Reutersの情報をご説明します。

なお闇パチスロの特徴としては上記協会で認可されたメーカー発表機器の内部基盤を改造したパチスロ遊技機であることがメインとなっており、それを扱う店舗の特長としては普通のパチンコ店と違って風俗営業法における許可を受けていないので看板を掲げていないという点が挙げられます。



この為、無許可営業店舗やマンションの一室などで営業しているケースが多く、その店舗内に設置されているパチスロ自体も許可を受けていないので違法改造された非合法ギャンブルとして営業しているものが該当しています。

上記方法で手を変え品を変えて法の目をかいくぐって営業しているケースが目立ちますが、現在の闇パチスロ店は全国の至る所で警視庁より摘発を受けており、経営者や客の逮捕と設置筐体の没収などの厳しい処置によって減少傾向にあるのです。